医療レーザー脱毛のアフターケア

home / 医療レーザー脱毛のアフターケア

医療レーザー脱毛を行った後のアフターケアは、施術そのものよりも大事だとまで言われるものです。
しっかりとした体制を持ったクリニックで施術を受けたいですね。
クリニックで受けられることにプラスして、自分でも充分気を付けたいものです。

クリニックでのケアについて

基本的にはレーザー照射で熱を持った肌を冷却するケアと、炎症を抑えるためのケアなどがクリニックでは行われます。
その他にも独自のサービスとしてアーユルベーダを採用しているクリニックなどもありますし、エステ顔負けのスキンケアを実施しているところもあるので、希望する場合は事前にチェックしておくと良いですね。

自宅でのケアについて

基本的に、施術を受けたその日もシャワーを浴びることは可能です。
ただし、ボディブラシやナイロン製のタオルなどで肌をこすってはいけませんので、自分の手でボディソープや石鹸を泡立てて手でやさしく洗う程度にしておきましょう。
お湯の温度も熱くてはいけません。上がった後もタオルでこすらないようにしましょう。

赤味があるうちは体温管理を

肌に赤味が残っているうちは、基本的に自分の体温が上がるようなことを避けるのが一番のケアです。
日焼けなどもちろん厳禁ですし、入浴や温泉、運動やアルコールなども避けて下さい。
肌が炎症を起こしているので、それがおさまらない内に血流を多く流してしまうと、炎症が拡がったりかゆみが出てきてしまったりします。

これは夏だけに限らず冬でも注意で、厚着をしすぎたり、こたつに首までスッポリ入ったりするのもNG。
2週間くらいは大人しく、静かに涼しく過ごすのがベストですね。

軟膏を塗る

ヒリヒリするような肌のトラブルを感じたら、炎症を抑える軟膏などを塗って肌を保護しましょう。
一般的にはヒリヒリも2日か3日程度で治まるので、それまでは軟膏を薄く伸ばして肌を守りましょう。

保湿に努める

レーザーはを与えるわけですから、肌の内部温度が上昇して水分がどんどん蒸散してしまう状況です。
当然そのままでは肌がひどく乾燥してしまいますので、常に保湿剤で肌の水分を守るようにしましょう。

page top