医療レーザー脱毛機について

home / 医療レーザー脱毛機について

脱毛を成功させるかどうかは、何で決まると思いますか?
施術をする医師の腕、経験、知識などのスキルが関係するのも確かですが、やはりどんなに腕の良い技術者でも機械が悪ければどうしようもありません。
脱毛の結果を左右する医療レーザー機器について、ちゃんと知識を持っておくとプラスにはたらきます。ちょっと勉強してみましょう。

10年間で大進化

医療レーザー機器は、この10年間でかなり画期的に進化したと言えます。
もっとも昔は脱毛と言えば電気ニードルで1本ずつという時代もありましたから、面で照射出来る高出力の脱毛器が発明されたこと事態かなり画期的な進化ですね。
今主流となっているマシンは、アレキサンドライトレーザーダイオードレーザーでしょう。

ほとんどの脱毛クリニックでこうしたマシンが採用されていると思いますし、どんな機器を導入しているかはクリニックのサイトに掲載されていると思いますので、チェックしてみましょう。
逆に、マシンについて詳しい説明の無いクリニックは古い機器を使用している可能性を捨て切れませんので、あまりおすすめは出来ません。

肌との相性がある

医療レーザー脱毛機器は世界中で開発されていますが、重要なのは肌との相性です。
アメリカの白人向けの医療レーザーが日本人の肌にそのまま良い結果が出るとは限りません。

選ぶなら、日本人の肌質を考えて開発されたマシンを選びたいですね。
また、同じ日本人でも肌の色素が多い人もいれば少ない人もいます。
毛質や毛量にもよりますので、出来れば多種類のマシンを導入しているクリニックが一番安心出来ます。

主なレーザー機器

信頼性のある最新のレーザー機器については、名前くらいは知っておいたほうが良いでしょう。

代表的なものは、「ジェントルレーズ」というアレキサンドライトレーザー、「エリート」「エリートプラス」というアレキサンドライトレーザーとヤグレーザーをモードで使い分けできるもの、「ライトシェアデュエット」というダイオードレーザー、「ソプラノ」というダイオードレーザーです。
特にダイオードレーザーは痛みが少ないことで最近は人気があるようですね。

page top