医療レーザー脱毛の流れ

home / 医療レーザー脱毛の流れ

脱毛クリニックに行ったらどんなことが行われるの?と気にしている人のために、一連の流れをまとめておきましょう。
もちろんクリニックによって細かい手続きなどは変わりますが、おおまかな部分はほとんど同じだと思って良いと思います。

問診

クリニックですから、お医者さんと向き合って問診を受けるのがまず最初です。
カウンセリングとも言われていますが、通常の病院のように、問診表を渡されて内容に答えて行くところから始まるのが一般的でしょう。

その内容を見ながら肌の状態を診て、今までの経験や現在の健康状態などを確認した上で施術が可能と判断されれば次のステップに進みます。

反対に、ここで医療レーザー脱毛は今避けるべきと判断されれば、その原因が解消するまでは脱毛は行わないのが正解です。

施術の説明

問診が終われば、どういった仕組みでレーザー脱毛が行われるのか丁寧に説明を受けることになります。
ここできちんとリスクについても説明してくれて、副作用などの問題もきちんとわかりやすく教えてくれる医師が一番信頼出来ます。
トラブルの可能性だけではなく、回数や料金、追加料金など条件についてもきちんと明確にしておきましょう。

わからないことはここですべて聞けるようにちゃんと質問をすることが大事です。

施術

条件が揃ってすべてに納得出来れば施術になります。
その場で処理する部分のムダ毛を剃るか、前日に自分で剃っておきます。
レーザー機器にもよるのですが、毛抜ワックスなどで抜いてはいけない場合が多いです。肌の下にしっかりムダ毛のメラニンが残っている必要があるので、抜いてしまってはいけないわけですね。

レーザーの出力や設定は、一人ひとりの状態に合わせて、皮膚の状態や痛みの状況を見ながら照射が行われます。

アフターケア

レーザー機器にもよりますが、両ワキならたったの3分くらいで終わってしまいます。
アフターケアは熱を持った肌を冷却する処理と、炎症を抑える処理をして終わります。
クリニックによってはアーユルベーダなどのスキンケアが行われる場合もあります。

page top