医療レーザー脱毛のリスクについて

home / 医療レーザー脱毛のリスクについて

医療レーザー脱毛は、医師が行う病院での施術になるのでトラブルに対する体制はもちろん万全です。
とは言っても、脱毛はどうしても肌に負担をかける行為ですから、例えクリニックで脱毛してもまったくトラブルが起こらないという意味ではありません。

きちんとしたクリニックならリスクについてもちゃんと説明してくれます。
理解した上で納得して施術を受けたいですね。

赤味やヒリヒリ、むくみ

皮膚にレーザーをあてる以上、肌が炎症を起こして赤味が出たり、ヒリヒリすることは致し方ないかたないでしょう。
炎症が起こることでむくみが出る人もいますので、目立つ部分の施術にはタイミングも見定める必要がありますね。
クリニックでは炎症を抑える軟膏を無料で処方するのが一般的ですので、自分でしっかりケアしましょう。

毛のう炎やニキビ

ほとんど起こらないことではありますが、中にはレーザー照射後に毛穴に細菌が入って毛のう炎という皮膚炎になってしまう場合が稀にあります。
痛みを感じて腫れがあるようであれば、すぐに連絡して対処してもらいましょう。
治療については無料ですぐに対応してくれるクリニックが一般的です。

硬毛化、増毛化

あまり知られていないことですが、レーザーやフラッシュの刺激で毛乳頭が刺激され、産毛が濃くなったり、次に生えるムダ毛が太くなったり、濃くなったりすることが稀にあります。
これを硬毛化増毛化と言いますが、特に顔の産毛、うなじの産毛、背中の産毛などを処理した時に稀に起こる場合があると言われています。

続けてレーザー照射をして行けばいずれは無くなるのが一般的ですが、結局その分多く施術がかかってしまうと、費用の面でも労力の面でも不満を感じてしまいますよね。
こうした場合に対応して、コース修了後にそうした事が起こった場合、1年間は無料で施術をしてくれたり、特別料金で施術をしてくれる保障があるクリニックもあります。
最後まで満足出来るようなクリニックを選びたいですね。

page top