医療脱毛期間中の注意

home / 医療脱毛期間中の注意

医療レーザー脱毛を行っている期間中には、何か注意すべき点があるのでしょうか?主治医の指示に従う必要がありますが、基本的な注意点についてまとめておきましょう。

医療レーザー脱毛直後

医療レーザー脱毛の施術を受けてすぐの間は、肌がを持って軽く炎症を起こしている状態です。目安としては赤味がある間になりますが、炎症を拡げないためにもアルコールの摂取などは控えましょう。
また、熱いお湯に浸かるような入浴も良くありませんので、ぬるめのシャワー程度にしておくことです。
施術後1週間くらいは特に注意して、タオルでゴシゴシこすったり、摩擦のある洋服を着たりすることは避けるべきです。

紫外線には厳重注意!

主治医にもよく言われると思いますが、医療レーザーを受けている期間中には、患部に紫外線を浴びて日焼けをしないように注意することが大事です。

なぜなら、紫外線を浴びると色素沈着が起こってシミになりやすい状態にあるからですね。
せっかくムダ毛が無くなってつるつるの肌になろうとしているのに、そこにシミが出来てしまったらあまりにもショックです。

期間中の自己処理は?

気になるのは治療期間中にムダ毛の自己処理はどうすれば良いのかという点です。
これも主治医から指示があると思いますが、毛抜きなどで抜いたり、ワックスなどでベリベリ剥がしたりするのはNGです。
家庭用の脱毛器やフラッシュ脱毛など他の種類の脱毛は止めましょう。
次の施術に支障が出る場合もありますし、何より肌に大きな負担がかかってしまいます。

脱毛はどんな方法であれ、少なからず肌にダメージを与えてしまうものです。治療期間中はなるべく優しくしてあげましょう。
どうしても処理したいムダ毛があるなら、カミソリでそっと剃るだけにしておきましょう。

妊娠中はやめておきましょう

医療レーザー脱毛が、お腹の中の赤ちゃんに何か影響を及ぼすということはまず無いとは言われているのですが、治療にはストレスがかかりますし、妊娠中は一般的に体毛が濃くなるので無用な処理になってしまいます。
治療を始めてから妊娠がわかった場合には、主治医に言って無事出産するまで休止しましょう。

page top